自宅でランフェスグルメ②崇福寺の元宵団子(げんしょうだんご)を再現してみたよ

ランタンフェスティバル最終日に崇福寺で配布される元宵団子を今年も食べたい…

ということで、業務スーパーを利用してお家で再現してみました!

「元宵団子」とは

春節の最終日にあたる『元宵節』に、「団円(一家団らん・家庭円満)」を願って各家庭で食べる団子のこと。

※参考サイト『TAIPEI navi』 元宵節には元宵を食べよう!

目次

業務スーパーで団子を調達する

業務スーパー琴海店の外観

元宵団子を再現するためにうってつけの商品が業務スーパーにあるのです!

手に持ったごまだれ餅

それがこちらの「ごまだれ餅」(税込321円)

同じシリーズで「プチ大福」と「白玉」も有り

ごまだれ餅のパーッケージ裏

内容量は1kg、個数にして50個弱の大容量です。

ちなみに国内製造。

ごまだれ餅の中身
ごまだれ餅を箸で持つ

まん丸ではなく楕円形で、絞りだしたような突起があります。

ごまだれ餅のパッケージ

通常は自然解凍で手軽に食べることができますが、元宵団子を再現するため今回はお湯で茹でます!

沸騰したお湯に団子を入れ、浮いてくるまで2~3分ほど茹でれば完成!

おうち元宵団子のお味

お椀に入ったごまだれ餅

ゆで汁もいっしょに器に盛りつけてみました。

茹でたごまだれ餅を箸で持つ

団子部分はかなり柔らかくお箸ですぐ切れます。

モチモチというよりも、ソフトな食感。

ごまだれ餅の餡

黒ゴマ餡もしっかり入っています。

ごまだれ餅の餡

崇福寺の元宵団子は黒ゴマの食感がしっかり残っていましたが、業務スーパーのごまだれ餅に粒感はなく、商品名どおりごまだれという感じ。

だが、それもまたいい。

ごまだれ餅のアップ

ランタンフェスティバルの元宵団子と完全に一致とはいきませんでしたが、なめらかな黒ごまだれの入ったお団子は病みつきになるおいしさで、元宵節気分を味わうことができ満足しました!

なによりお家で作ると、

大盛りのごまだれ餅

好きなだけ食べれて幸せになれます。

自然解凍でもおいしくいただけるので、常備してあると手軽なおやつにもぴったりです。

ぜひお試しあれ♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる